循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

循環器の看護師に興味がある、そこのあなた!循環器のお仕事について色々知りたいんですね?循環器経験のある看護師さんに、様々なテーマについて掘り下げてもらいましたので読んでいって下さい♪

循環器の看護師 勉強に興味をもって取り組もう(^^)/

循環器の看護師は勉強が大変!と思われがちです。実際にはそうです。でも、どんな仕事でも慣れるまでには色々と大変です。勉強が必要だったり、感覚で覚えることが必要だったり。看護は五感を使ってするものなので、その両方が問われているのかもしれません。循環器の看護師はどんな勉強をしているのでしょうか?また、どのような勉強が必要なのでしょうか?
続きを読む

循環器の看護師は知識をわかるようになったら占めたもの!?

循環器で看護師が知識をつけようとおもっても、循環器と聞くだけで苦手意識が出てしまい、いやだ~、わかんな~い!!と なる看護師も多いかと思います。循環器と聞いただけで、もう聞く耳持たずといった感じでソッポ向いちゃう看護師もいますよね~。しかし、そんなことはありません。
続きを読む

循環器 看護師の求人の人気の秘密に迫ります!

循環器 看護師の求人先で人気のある病院にはどんな特徴があるのでしょうか?どの分野でも専門性が問われる時代となった現在では、看護の世界でも専門に特化した病棟や診療科が人気のようです。中でも、循環器は人気のある分野です。専門の病院はもちろんありますし、病院の中でも、ベッド稼働率が高いので、花形といえば花形なのかもしれません。
続きを読む

循環器 看護師(日勤)の1日の流れってどんな感じ?

循環器の看護師(日勤)の1日の流れを、ここでは見ていきたいと思います。ほとんどの病院(病棟)が8時か8時30分始業だと思いますが、循環器の看護師も同じです。ただ、病棟(診療科)によって早番、遅番があるのと同様で循環器病棟でも日勤には早番や遅番があります。だいたい日勤の早番といったら7時か7時30分から始業になるかと思います。日勤で早番の日は少し早目に帰れるのでラッキー!ですよね。
続きを読む

循環器 看護師の仕事内容って、、、。

循環器 看護師の仕事内容は、大変だと思う方もいるかと思いますが、他の病棟の看護師のやっている仕事内容とあまり変わりません。ただ、CAG(冠動脈造影検査)があるので、日に何件もCAGがある場合はカテーテル検査室に送りに行って迎えに行くという作業が入るので、循環器の看護師は時間を決めて仕事を進めていくことが困難な場合もあります。
続きを読む

循環器の看護師向け資格にはどういったものがあるの?

循環器 看護師向け資格ですが、循環器で働く看護師としては、せっかく循環器という特殊な領域で働いているのだから、何か資格を!資格がほしいと思っている人も多いかと思います。日本看護協会では、認定看護師制度を設けています。また、臨床心臓病学教育研究会でも循環器専門ナース研修を行っています。
続きを読む

循環器 看護師の新人は観察ができれば怖くない!?

循環器を看護師が新人のくせに、希望するなんて、「どんな自信家かあ~?」と思っている方もいるかもしれません。でも、逆に考えると、新人のうちから循環器を経験しておくと「怖いことはない」ということになります!!
続きを読む

循環器 看護師の役割が問われてきています

循環器の看護師の役割がますます問われてきています。心疾患は3大疾病の1つと言われて久しいですが、依然として罹患率も高く、死亡率も高い状況が続いています。一度罹患すると、慢性的な経過をたどる人も多くいます。循環器病棟は、検査や入退院が多く忙しい、というイメージや現実があります。が、それに甘んじていてはいけません。心筋梗塞や狭心症、心臓手術後の患者さん、慢性心不全患者さんの日常生活を支えていくのは看護師の役割です。同じ症状での入院を繰り返さないよう、看護師として患者さんの日常生活を一緒に見直し考えていくということが大切です。
続きを読む

循環器 看護師の本音:忙しくても女子よ(#^^#)

循環器の看護師の本音というテーマですが、循環器に限らず看護師全般のお話になりますね、今回は(笑)一般的に看護師は忙しくて、友達も病院関係者に限られるって言われます。確かにシフト勤務は厳しいし過酷です。でもでも、休みの時間や、空いている時間を有効に使えば、ストレスがあっても、多少仕事がきつくても続けていけます。時間を有効に使うことで、看護師だって趣味を広げたり、趣味を持つこと、カルチャースクールに通うこともできます。また、専門性を深めたい看護師は、看護協会が主催している勉強会や研修などにも参加できます。何より、平日の休みや日中に時間が取れるというのは意外とメリットです。
続きを読む

循環器 クリニックの看護師ならではの業務って?

循環器のクリニックでは、患者さんの日常生活の支援が病棟よりもより重要となります。患者さんは、慢性心不全、高血圧、心筋梗塞後のフォロー、不整脈、狭心症、弁膜症などの患者さんです。これらの疾患だけでなく、他に疾患を持っている患者さんも多いのでその疾患についても把握しながら生活習慣を整え、日常生活を支援していくことになります。また、ほとんどの患者さんは長く通院することになるので、医師や看護師との関係性が良くなければ中断してしまう可能性も出てきます。あたたかく、患者さんを迎えられる環境づくりも大事になります。
続きを読む

循環器 クリニックで働く看護師は、楽なの?

循環器 クリニックで働く看護師について、今回はお話しましょう!看護師が循環器で働くといっても、看護師の働く場所は病院だけとは限りません。循環器クリニックで地域の患者さんの健康を守っている看護師もたくさんいます。循環器クリニックに通ってくる患者さんは、高齢者の方が多いですが、先生や看護師に会うことを楽しみにしてくる患者さんも多くいます。多くは、慢性疾患なので経過を見るという患者さんがほとんどです。
続きを読む

循環器 看護師の給料と、看護師全体の給料について

看護師の給料は、どの病院でもほぼ同じで、あまり差はないようです。年齢による差(経験年数として加算される)は多少でます。一般的な女性の職業と比較すると、やや看護師の収入の方が多いです。年収を比較してみると、一般的な女性の職業(事務職、保険外交員、美容師など)の平均年収がおおよそ300万円~350万円であるのに対して、看護師の場合は、400~450万円と多くなっています。日本看護協会の調査では、平均年齢35歳で519万円という結果が出ています。(http://www.nurse.or.jp/)ただ、看護師同士の収入を比較すると、准看護師よりも正看護師の方が基本給などが多くなっています。そして、気になる「専門看護師」「認定看護師」の手当ですが、それぞれ12926円、11006円でした。これも支給されている施設とされていない施設があり、かなり差があるようです。
続きを読む

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ