循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

循環器 クリニックで働く看護師は、楽なの?

循環器 クリニックで働く看護師について、今回はお話しましょう!

看護師が循環器で働くといっても、看護師の働く場所は病院だけとは限りません。

循環器クリニックで地域の患者さんの健康を守っている看護師もたくさんいます。

循環器クリニックに通ってくる患者さんは、高齢者の方が多いですが、先生や看護師に会うことを楽しみにしてくる患者さんも多くいます。

多くは、慢性疾患なので経過を見るという患者さんがほとんどです。

循環器 クリニックの看護師はアットホームな感覚で働ける(^◇^)

循環器 クリニックで看護師が接することになる患者さんは、生活の一部として循環器 クリニックに通院しています。

きっと、循環器病棟のようなあわただしさはあまり感じないでしょう。

看護師が時間で何かをしたり、やらなければならない事に追われることも少なくなります。

しかし、それぞれの患者さんの生活スタイルがあるので、よりその人の生活に入り込んだ看護が求められます。

循環器病棟では、患者さんの普段の生活は看護師にとってやや遠く感じられたことでも、クリニックでは現実となります。

また、通院してくる時の様子がいつもと違っていないか、などの観察も大切です。

ちょっとした変化に気づくことが疾患の悪化につながることを防ぐことになります。

看護師は時には家族のように患者さんをあたたかく見守り、時には医療従事者として看護の視点から生活に関してのアドバイスができると良いですね。

ただ、循環器 クリニックには循環器病棟とは違う忙しさも当然あります。

あまり、診察待ちの方たちを待たせるわけにもいかないですし、診察には時間をかけてもらうには、どこで何をどのようにしたらスムーズに診察ができるのか、と考えながら行動することが求められます。

そして、大事なのが、医師には言えないことを看護師が患者さんの代弁者になる、いうことです。患者さんはどうしても診てもらっているという思いが強いので、医師に対しては率直に言いたいことや聞きたいことが聞けません。

そのような時は、患者さんの代弁者として思いを医師に伝える、ということも大切な循環器 クリニックの看護師の役割になります。

循環器 クリニックの看護師はドクターと仲が良い!!

循環器 クリニックで看護師が心配なこと、それは一緒に働く医師との相性でしょう。

循環器病棟では医師と一緒に仕事をするということは少ないです。

指示を受けたり、処置の時に介助をする、病状説明のときに同席する、くらいでしょう。

しかし、循環器 クリニックの看護師はそういうわけにはいきません。

いわば、保助看法で定められている「診療の補助」業務が大半を占めることになり、医師もその思いが強いかと思います。

医師によっては、看護師はお手伝いや助手程度にしか思っていなく、言った事は何でもする、と勘違いしている人もいまだにいます。

なので、循環器クリニックで働く際には医師との相性が大切ですが、面接時にはあまりわからないです。

それはお互いにそう思っていると思います。私の経験では、第一印象で「あ、この人とは合わないな」と思ったら、その直観を信じて良いと思います。

そこで、ありがたいのは、転職支援サイトなどで紹介してもらうと、どのような人が医師なのか、面接時には聞きずらいことも仲介役として入ってくれるので、情報がもらえます。

また、どうしても合わないという場合でも上手に断ってくれます。

このように、転職支援サイトから紹介してもらうというのも選択肢に加えると良いかと思います。

循環器 クリニックの看護師はプライベートを充実させられます(^^)/

循環器 クリニックで看護師が働くと、休みが取れないとか勤務が決まっていて結構たいへん、という意見もあります。

でも、見方を変えると、交代勤務ではないので生活リズムが崩れない。決まった日に休みなので、習い事やサークル活動などに参加しやすい、趣味を充実させることができる!と言ったメリットもあります。

夜勤の後は15時間以上寝ていて休みのほとんどを寝て過ごしてしまうといった生活を続けるよりは、仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかりとメリハリをつけて働くことができます。

また、病棟勤務のように、先の見えない残業もほとんどありません。

医師や事務職との少人数での職場となるので、人間関係が濃密になりがちですが、そこも割り切ってお付き合いをすることで負担にもなりません。

大事なのは、何のためにこのクリニックで看護師として働いているのか、という目的意識を失わないということではないでしょうか。

医師と連携しながらその患者さんの健康を支えていけたら良いと思います(それが理想)が、なかなかそうはいかない場合もあります。

しかし、自分の役割を常に意識していれば、そこにやりがいも見出し、楽しく働いていくことができると思います。

それでも、クリニックで働くことに抵抗があったり、わからないことがあれば、看護師転職支援サイトに登録して、お仕事を紹介してもらうということも1つの手ですね。

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ