循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

看護師の給料は、どこも同じ?

看護師の給料は、どの病院でもほぼ同じで、あまり差はないようです。年齢による差(経験年数として加算される)は多少でます。

一般的な女性の職業と比較すると、やや看護師の収入の方が多いです。年収を比較してみると、一般的な女性の職業(事務職、保険外交員、美容師など)の平均年収がおおよそ300万円~350万円であるのに対して、看護師の場合は、400~450万円と多くなっています。

日本看護協会の調査では、平均年齢35歳で519万円という結果が出ています。
(http://www.nurse.or.jp/)

ただ、看護師同士の収入を比較すると、准看護師よりも正看護師の方が基本給などが多くなっています。

そして、気になる「専門看護師」「認定看護師」の手当ですが、それぞれ12926円、11006円でした。これも支給されている施設とされていない施設があり、かなり差があるようです。

循環器の看護師の給料

循環器の看護師の給料の先ほど、述べましたが看護師は、ほぼどの病院や施設で働いてもあまり差はない収入が得られます。

専門病院として謳っている施設でも、看護師の平均的な収入であると思えます。

しかし、ICUや循環器専門の病院では、多少の手当があるかもしれません。それは就職するときに聞きにくいので、面接担当者ではなく事前に転職サイトのコンサルタントに聞いてみると良いでしょう。

ネットで給料を公開している施設もありますが、経験年数などにより給料は変わってくるので、確かめることは大事です。

その時には、一般的に自分の年齢の看護師だったらどのくらいの給料なのかを看護協会などの資料から調べて把握しておく必要もあります。

給料や休み(有給)のことは聞きにくいことですが、仕事をしていく上ではとても大事なことです。

ワークライフバランスを国も掲げていますし、看護協会も推奨しています。長く生き生きと働くためにも、給料などの待遇面を聞くことは必要です。

よって、循環器の看護師や循環器専門の病院であっても給料面での待遇はあまりないと考えて良いかもしれません。

総合病院などでは、そのような差別化を図るとどの病棟でも手当を付けなければならなくなるので、あえて手当はつけていないのかもしれません。

もし、循環器は特別な診療科だから、看護師の給料も良いのではないかと考えている方がいらしたら、よく調べて就職を決めたほうが良いかと思います。

私は、総合病院の循環器科で働いていましたが、ICUで働いていた友達とは給料面に差はなかったように思います。業務内容は違いますが、給料に反映されるということは内容でした。

一般的な循環器の病棟もICUもそれぞれ忙しさには違いはありませんが、一刻を争う忙しさなのか、数が多いために業務が重なり忙しいのか、の差だと思います。自分がどちらに向いているのかを考えて就職先を選択することも大事です。

循環器認定看護師の手当

循環器看護師の認定制度として、「慢性心不全看護」があります。

しかし、6か月以上の教育を受けても、臨床に戻ってそれがお給料として還元されるということは少ないようです。これは施設により違うようなので、良く調べて転職なり、資格をとってからのお給料交渉をしたほうが良いかと思います。

看護師さんは真面目なので、お給料は二の次、と考えている方も多くいらっしゃいますが、働きに対してきちっとした報酬をいただく(その働きに見合った報酬)ということは大切なことだと思います。モチベーションにもつながります!

まぁ、お給料が上がるからと認定看護師の資格を取る人は少ないかと思いますが。

より専門的な知識を得ることで実践に生かせて患者さんに還元できるということを考えると、“やりがい”につながり、お金ではないものを得られますね(^^)/

こう考えると、看護師の仕事はお金では得られないものをたくさん得ることのできる貴重な職業であると思います。

色々な患者さんと出会い、向き合うことで、その人の人生に触れて、色々なことを感じ、学ぶことができます。

特に、循環器では、生死をさまよった患者さんもたくさんいます。そのような方々と出会い、話ができることって素晴らしいことだと思います。

看護師としてそのような方達の力になれることは、とても嬉しいことだと思います。

看護師の給料で差があるとしたら

先ほどから、看護師の給料はどのような施設で働いてもほぼ同じと述べていますが、何で差が出るかは、地域によるようです。

関東では東京、埼玉、神奈川、千葉、関西では大阪、兵庫、奈良あたりで初任給の基本給が20万円を超えています(http://www.nurse.or.jp/)。

地域によっては、18万3千円といったところもあり、首都圏とは2万円近く差がある地域もあります。看護師の給料は、男女比はありませんが、働く地域によって差が出てしまうようです。

首都圏、特に東京でも特別区(東京23区)とその他の地域では給料面には若干差があるようです。

私の友人は、東京から秋田の実家に帰ったのですが、給料は5万円ほど違う(手当など含めて)と言っていました。

ただし、その分生活費も違い、物価も東京とは比較にならないくらいに安いので、それでも十分に生活していけると言っています。

実際、海外旅行や国内旅行などしており、お金には困っていないようです。

看護師の仕事は、全国どこに行ってもほぼ同じなので、施設や病院によってやり方や方法が違うくらいで、基本的な業務は変わりません。

なので、都会で働くのに疲れたら、どこか住みたい町に引っ越して仕事をすることも良いかもしれません。

その方が、趣味ややりたいことと両立させながら仕事をしていけるかもしれません。

循環器の看護師は残念ながら給料面で優遇されることは少ないようですが、施設によります。

詳しいことは転職支援サイトで担当してくれる方が細かく調べてくださったり、面倒な給料交渉などをしてくれます。気になった方は是非相談してみると良いと思います。

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ