循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

循環器 看護師の仕事内容って、、、。

循環器 看護師の仕事内容は、大変だと思う方もいるかと思いますが、他の病棟の看護師のやっている仕事内容とあまり変わりません。

ただ、CAG(冠動脈造影検査)があるので、日に何件もCAGがある場合はカテーテル検査室に送りに行って迎えに行くという作業が入るので、循環器の看護師は時間を決めて仕事を進めていくことが困難な場合もあります。

循環器の看護師の仕事内容は、患者さんの出入りが多いから大変?

循環器の看護師の仕事内容で多いのは、CAGや他の検査の送り出し、お迎え、点滴管理、注射管理、患者さんへの日常生活援助、入院患者さんへのオリエンテーション、転入・転出、退院指導などです。

中でも、循環器の病棟は、回転が早いので、毎日のように入院、転入、転出、退院があります。

CCUやICUなどと連携をとりながら、転入・転出が決まります。循環器の病棟に転入してくる患者さんは、CCUやICUでの治療が落着き一般病棟でも良さそうな人が対象です。

よって、急に安静度が拡大して、急変する場合もあるので、要観察です。

入院は、CAGの場合は数日の入院になりますが、ご本人は心臓の検査ということで神経質になっている方もいるので、看護師は丁寧に説明する必要があります。

また、何度も検査されている方は慣れているので簡単な説明で済むかもしれません。

退院時には、薬剤師からの薬剤説明や、初めての入院で食事指導が必要な患者さんには栄養課から栄養士による食事指導があります。

また、水分制限に関しては、病棟では飲んだ量をチェックすることが多いのですが、病棟では体重管理で把握することが多いです。

しかし、退院指導では自宅ではそのようなことは案外難しいので、いつも使っているコップがどのくらいの水分が入るのかを計測しておき、そのコップで何杯まで、と決めるように指導します。

循環器の看護師は、日常生活上の注意点や、症状が出たときの対処法や、自分でできる浮腫の観察法などを指導します。

患者さんへの指導は、その人の生活にあった指導となるので楽しいです。

循環器 看護師の仕事内容…点滴管理は慎重に!

循環器 看護師の仕事内容で気をつけなければならないのは、点滴管理です。循環器の患者さんは、心臓に負担のかかる点滴については時間での滴下数が決まっている為です。

循環器の看護師は患者さんのところへ行ったら、必ず点滴も確認するという行動が必要です。

また、時間で変える必要のあるもの、注射も時間で打たなければならない注射があるので、循環器の看護師は時間を意識して仕事をする必要があります。

そして、循環器の患者さんは輸液ポンプ、シリンジポンプなどを使用しているので、点滴の漏れがないかなどの観察も必要となります。

仕事内容が多くて自分の仕事が手いっぱいで、時間でやらなければならないものができない時には、回りのスタッフに声をかけて、助けてもらうことが大切ですね。

循環器 看護師の仕事内容は楽しくやりがいあること間違いなし!!

循環器 看護師の仕事内容は、病棟では日中は検査などがあり慌ただしいですが、患者さんは安静度が拡大していけば日常生活援助も減り、退院時には元気になって退院するという場合が多いのでやりがいがあります。

また、病棟はバタバタと慌ただしいですが、医師との連携も取れている病棟が多いので、仕事内容は大変でもチームワークで乗り切る!という楽しさがあります。看護師同士も、声を掛け合って仕事をしています。

何より、患者さんは成人期にある人も多いので、コミュニケーションに困ることなく援助ができます。

退院指導やオリエンテーションなども、その患者さんに合った内容を考えて実施するので楽しいです。

患者さんの反応を見て、自分の説明の仕方が良いのか悪いのか、などとても勉強になります。

循環器 看護師の仕事内容に少しでも興味がわいたら、ぜひ循環器の看護師も経験してみましょう。きっと、あなた自身の可能性がもっともっと拓けていけると思います。

循環器の看護師 求人は、看護師転職サイトに登録すると紹介してもらえます。あなたが直接転職先と交渉する必要はありませんので、あなたの循環器への想い、希望条件、転職をしたい時期などなど、担当さんに伝えてみてください。

職場によって微妙に異なってくる仕事内容について、また、上司となる方々についての情報も、担当さんが把握している場合が多いですので聞いてみるとより安心出来るでしょう。

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ