循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

循環器 看護師(日勤)の1日の流れってどんな感じ?

循環器の看護師(日勤)の1日の流れを、ここでは見ていきたいと思います。ほとんどの病院(病棟)が8時か8時30分始業だと

思いますが、循環器の看護師も同じです。ただ、病棟(診療科)によって早番、遅番があるのと同様で循環器病棟でも日勤に

は早番や遅番があります。だいたい日勤の早番といったら7時か7時30分から始業になるかと思います。日勤で早番の日は少

し早目に帰れるのでラッキー!ですよね。

循環器 看護師 日勤の一日の流れ

循環器の看護師(日勤)の1日の流れを、タイムスケジュール形式で書き出してみました。循環器病棟の看護師の1日の流れはとっても慌ただしいものとなっています。

どこの病棟も同じですね(;^ω^)。特に、心臓外科の手術日とか、カテーテル検査がたくさん入っている日は、何となくピリピリとしています。

では、おおよその日勤帯の循環器 看護師の一日の流れを見てみましょう。

8:30(始業) 申し送り  8時30分から全体申し送りが始まるので、循環器の看護師はその前には病棟について、今日の受け持ち(担当)を把握しておいた方が良いでしょう。

9:00 配薬と挨拶     朝の薬の配薬をしながら、看護師はその日の受け持ち患者さんに挨拶をして回ります。

10:00 検温       受け持ち患者さんの検温に回ります。看護師は申し送りの内容を頭に入れながら、患者さんの状態を把握します。

11:00 日常生活援助   清拭が必要な患者さんや、入浴介助、洗髪、足浴、など日常生活援助のある方のケアをします。

11:30~昼食休憩     看護スタッフの休憩時間です。だいたい3回に分けて交代で入ります(11:30~12:30,12:00~13:00,12:30~13:30)。血糖測定。
            
12:30 配膳       配膳する前に、食前薬のある人の配薬、インスリン注射、のある人には実施します。

13:00 下膳、配薬    食後の薬のある方には配薬、飲んでいるかの確認をします。

13:30 カンファレンス  気になる患者さんや、申し送り時にカンファレンスが必要な患者さんなどのカンファレンスを行います。

14:00 検温       午後の検温が必要な患者さんには検温をします。

14:30 日常生活援助   足浴や洗髪、入浴介助などを行います。

15:00 記録       一日の看護記録を書きます。看護師へ医師からの指示があればその都度実施します。

16:00 申し送り     リーダーに申し送りをします。

17:15 終了       何事もなければ、日勤終了です。

循環器 看護師 日勤の一日の流れは、おおよそ、以上です。

が、このスケジュールに、CAG(心臓カテーテル検査)、転入、転出、入院などの対応、点滴管理(時間で実施するもの)、ナースコールの対応、検査のオリエンテーション、検査後の観察などが入ってきます!!

なので循環器の看護師は、よほどのことがない限りはこのような時間の流れで過ごすことはないと思います。お盆とお正月くらいでしょうか~。上記の流れでのんびりと仕事ができるのは、、、。

循環器 看護師 日勤の1日の流れ…仕事の特徴

循環器 看護師 日勤の1日の流れで特徴的なのは、何と言っても心電図のモニターに囲まれているということです。そして、循環器の看護師はそれを意識して行動することが要求されます。

最初は、モニターがたくさんあり、驚きますが、だんだんと慣れてきます。

慣れてきて怖いのは、アラームが鳴っても気にならなくなることです。アラームが鳴ったら循環器の看護師は必ずモニターをチェックして、患者さんの様子を見に行く必要があります。

こんなことがありました。明日、無事に退院という患者さんが、昼食後に突然倒れてそのまま亡くなりました。

その時は、看護師がちょうど下膳していて近くにいましたが、応急処置も間に合わず、残念なことになりました。そのくらい、循環器病棟の患者さんは急変しやすいということです。よって、一日の流れを通してモニター管理はとても重要となります。

循環器 看護師 日勤の1日の流れは恐怖と隣り合わせ?急変もあり!!

循環器の看護師は日勤の1日の流れの中で、急変への対応をする頻度が高いです。

先ほどの仕事の特徴にありましたが、循環器の患者さんは、心臓を患っているということで、急変する可能性がとても高いのです。

よって、モニター管理、些細な患者さんの変化に看護師は敏感になる必要があります。でも、恐れることなかれ!。看護師はもともと、どの患者さんに対しても敏感です。ちょっとした変化に気づくのが上手です。

それは循環器の看護師だから特別できる、ということではありません。自分の五感をフルに使って、患者さんの異常をキャッチしていきましょう。

心電図モニターの見方も、正常波形がわかっていれば大丈夫です。あとは、少しずつ覚えていけば良いのです。

さぁ、あなたも循環器の看護師の1日の流れを見て仕事に興味を持ったら、看護師転職支援サイトを利用して、循環器の看護師さんになってみましょう。

1日の流れの中で不安なことは、転職サイトの担当者さんが細かく教えてくれます。循環器はわかると楽しい分野です。また、スペシャリストにもなれる分野です。その辺も担当者さんが詳しく教えてくれます。

看護師転職支援サイトを上手く活用してみましょう。

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ