循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

循環器 看護師の新人は観察ができれば怖くない!?

循環器を看護師が新人のくせに、希望するなんて、「どんな自信家かあ~?」と思っている方もいるかもしれません。

でも、逆に考えると、新人のうちから循環器を経験しておくと「怖いことはない」ということになります!!

循環器の看護師 新人だからこそ許される(^^)/

循環器 看護師の新人に対して、今は昔と違って、臨床での新人教育プログラムがしっかりと組立られています。病棟の看護師さんも優しく新人を迎えてくれます。プリセプターシップをとっている病院がほとんどです。

プリセプターの先輩看護師に遠慮なく相談したり、同期で入った同僚と励まし合っていれば、1年なんてあっという間に過ぎてしまいます。

そして、配属された病棟が「循環器」でも、大丈夫です。先輩は本当に1から教えてくれます。初めのうちは緊張していて、仕事を覚えることで精一杯ですが、それで良いのです。

先輩や師長さんは、循環器に関することをしっかりと教えてくれます。だから、新人でいるうちや1年生のうちに色々とわからないことは聞いてみましょう。

大事なことは、わかって仕事をすることです。なんでそれをするのかがわからずに実施することは、事故にもつながります。

先輩方も、新人だから聞いてくるのは当たり前というスタンスでいます。だから、遠慮なく先輩に聞きましょう。

循環器の看護師 新人で経験することって?

循環器 看護師の新人に限らず、病棟の新人が経験することは、「看護師さんの実態」を見ることです。臨地実習の時とは違う看護師さんの顔や、つぶやき、ギャップなどを見ることになります。

そして、急変もあります。テレビドラマに出てくるバタバタシーンなどを目の当たりにして、ドキドキします。

迅速に対応しても、残念なことにお亡くなりになった場合は、エンゼルケアも経験します。

循環器の病棟では、急変する可能性が高い患者さんが多いです。よって、その時の対応も、先輩が教えてくれます。

最初は、急変場面に遭遇すると、怖くて足が震えます。何をして良いかわかりません。先輩達が何をしているのかもわかりません。でもその場の空気を感じることが大事です。

そして、先輩方の邪魔にならない場所で、先輩は何をしているのか、をじっくり見て仕事を覚える、ということも必要です。

とにかく、学校ではちょっとしか触れなかったことでも、臨床の現場ではリアルに遭遇します。慌てず、焦らず、あきらめず1つ1つをしっかりと覚えていきましょう。

循環器の看護師 新人の心構え

循環器 看護師の新人にとって、循環器 病棟ならではの必要な心構えはありません。

が、あえて言うならば、患者さんのちょっとした変化に気づくこと、です。そのためには、普段から色々な物事に敏感になることが必要かもしれません。

毎日歩いている道路脇の花に目を向けたり、自然のにおいを感じたり、季節ごとのにおいをかいでみたり。

なんで自然ばかりなのでしょうか・ω・。人に対してでも良いと思います。こっちのほうが大事ですね(^^)/。

いつもと違う髪型をしている友達に声をかけたり、元気がなさそうな友達に声をかけたりすることだけでも違うと思います。

循環器の患者さんは、心臓を患い、命に直結しているので、常に不安と隣合わせです。

そんな患者さんの気持ちを汲み取り(感じ取り)ながら看護することは大事です。そのためには、観察力が求められます。

循環器に興味を持ったので、新人から働いてみたいとおもったけど、希望通り配属されるか分からないので、循環器専門病院や循環器クリニックで働いてみたいとおもった看護師さんへ。

看護師専門の転職サイトに登録すると、循環器専門病院や循環器クリニックの非公開求人をコンサルタントが教えてくれますので、活用してみてください。

循環器の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ